スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボレロに再チャレンジ 

も一回ボレロ作りにチャレンジしてみた。

今度は、この前作った適当ボレロの寸法を定規で計り、裁縫サイトを見ながら型紙を作り、みたいな感じで、ちゃんと手順を踏んで作ってみた。
でもって、どうにかこうにかして、三時間かかってやーっと完成したのが、これ。

89.jpg


いやホントはそでもつけたかったんだけどさ…
ちゃんとそでも作ったんだけどさ…
いざ、縫い付けようとしたら、明らかに大きさが違っていたので、断念

そでと身頃の大きさを合わせるのってどうやるんだろ。
適当にやって合うもんじゃないのね。
でも、後2・3cm大きくすれば、ぴったりな予感もするから、また今度、型紙から作り直してみよう。
後、後ろの丈が長いのと、結ぶ部分が短いのも、直したい。

とりあえず着てみるとこんな感じ。

78.jpg

なんかボレロっていうよりはチョッキって感じだけど、でも、“実際に着れる物”を作れた自分にちょっと感動。
いや、ここはミシンに感動するべきなのか?(笑)
とはいっても、あちこち縫い目が曲がってるし、縫い合わせた部分が微妙にズレてたりで、近くで見るといろいろとヤバイ代物なんだけどね( ̄∀ ̄;)

次はちゃんとそでがついたボレロを作りたいなぁ。
関連記事

洋裁の基礎から

せっかくミシンを買ったのだから、
この際、洋裁の基礎の本でみっちり勉強をするとか。。

腕は体の前方に伸ばすことが多いので、腕周りの後ろ側に余裕を持たせる為に、身頃より袖の方が大きくなっているのが普通なんですよ。
えーと、袖山と、袖山中心から後ろのほうに多少余裕を取るようになっているのです。
大きさが相当違う型の時は、しつけでギャザーを寄せたりするんだけど、言葉で説明するのは難しいな。
ユザワ屋など、洋裁関係の本がそろっているところで、
一番分かりやすい洋裁の基礎の本を購入することをお勧めします。(もう持っているかな?)
マリさんは着実に、いろいろと挑戦しているので、応援しています!
[ 2007/07/25 17:34 ] URL Yumiさん@管理人 nTRxY/II [ 編集 ]

★yumiさん
実はまだ洋裁の本は買ってないんです(;´∀`)
なかなかこれっていうのが見つからなくて…
余裕をもたせるためにそでのほうが大きいというのはなんとなくわかりました。
となると、素人が適当にやって型紙を作れるようなもんじゃないですね。
そでがある服って難しいんですねぇ…そでの型紙だけ欲しい…( ´Д`)-3
[ 2007/07/26 11:23 ] URL マリさん@管理人 qt/YOItg [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bailearabe.blog95.fc2.com/tb.php/98-8efce8b4







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。