スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

先生は大変 

Latin音楽を聞きながら、一人でリズムをとってSalsaを踊るでもなくうねうねしていたら、初めて間もないらしい方から、「どうやって腰を動かしてるんですか?」と聞かれたんだけれど、どうにもうまく説明することができなかった。

 「えーと、足をこう…してるのかな?腰は…どうなってるんだろ?」

と、自分のほうがわからなくなってしまう始末(; ̄∀ ̄)

自分が、今はもう意識せずにできるようになったことを、意識して人に教えるというのは難しいことなんだ、ということをものすごく実感した。
そして、人にものを教える先生(この場合はダンスの先生)というのは、大変な仕事なんだな、ということも。

生徒だったら、先生の説明をよく聞いて、動き方をよく見ることを心がければいいだけだけど、先生のほうは、だれにでもよくわかるようにわかりやすく説明して、動き方も見せなければいけない。
何人もの人達にきちんと理解させて踊れるように導いていくのって多分、並大抵のことじゃないよね…
まあ、生徒のやる気に左右されることもあるだろうけど。

やる気を引き出すのも先生の腕かもしれないけど、義務で入学する学校とは違って、習い事は自分の意思で行く行かないを決められるから、本人がその気にならないとなかなか難しいことではあるだろうなぁ。
ちなみに私は、やる気満々というよりは、楽しさ満々って感じ(*´∀`)

まあとにかく、教えるという仕事は大変なんだなー、と思ったというだけの話。
関連記事
[ 2007/11/14 11:11 ] メモ | TB(0) | CM(4)

その人が何が分からなくてできないのかをすぐ見抜けないと、適切な指導も難しいでしょうし、その人に合った表現も必要でしょうし、やっぱり先生って大変ですよね。人によってはあんまり注意すると萎縮してしまうし…。私は毎回注意されまくりですがv-402
[ 2007/11/14 19:09 ] URL Yaeさん@管理人 poJx6bXs [ 編集 ]

★Yaeさん
人それぞれで理解の仕方も早さも違いますから、なにがわからなくてできないのかを見抜くのって、ホントに大変でしょうね。
今の先生にはあんまり注意されませんけど、前の先生には私も注意されまくりでした(; ̄∀ ̄)
[ 2007/11/15 13:06 ] URL マリさん@管理人 qt/YOItg [ 編集 ]

こんにちわ

いつも楽しく読ませていただいています。
いつもコメント残さず、読み逃げしてしまってごめんなさい。
でも今日は私も大好きなサルサのことが記事に書いてあったのでコメントさせていただきます。
私もサルサがかかれば勝手に体が動きます。
サルサはcorazonで感じるもの。
音楽は心で感じるもの。
特別なやり方なんてありませんよね。
でも、先生とゆう立場の方は、それでは成立しませんね。
[ 2007/11/15 16:02 ] URL natsu.さん@管理人 - [ 編集 ]

★natsuさん
はじめまして!
読んでいただけるだけですごく嬉しいんで、コメントとか無理しなくてもいいですよー(*´∀`)

natsuさんもベリーダンスとサルサをやってらっしゃるんですね!
この二つのダンスを同時にやってる人ってホントに多いんですね~。

サルサの先生もきっと大変ですよね。
昨日もレッスンを受けたんですけど、自分も一人の生徒と踊りながら、隣で踊っていた生徒の間違いをちゃんと見つけて指摘していました。
[ 2007/11/16 09:22 ] URL マリさん@管理人 qt/YOItg [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bailearabe.blog95.fc2.com/tb.php/163-d1632c77







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。