あれから半年 

zz_20080329041624.jpg去年の発表会に出てからもう半年も経つんだなぁ…

ああ、なつかしいと思ったので、最近手に入った舞台写真をUP。
でも、恥ずかしいのでほんの一部だけ。
それも、なるべく肉が目立たない部位をw

こうして見るとこの時のほうが髪が長かったんだなぁ。
あの美容師…ちょっとって言ったのに、実はそーとー切ったんだな
後ろ髪は自分じゃなかなか把握できないからなー。

実はこの衣装、胸のサイズが合わなくて合わなくて、だからあんまり好きじゃないなと思ってたんだけど、写真を見るとなかなか悪くない、ていうか、きれい
でも、やっぱりサイズが合っていないので、近くで見るといろいろやばげな感じ。
舞台と客席くらいの遠さがないと着用は無理かも

発表会の時のDVDも手元にあるんだけれど、まだ怖くて見ていない。
そんなにひどくはない思うんだけれど、やっぱ勇気がいるなぁ。
凹みそうだから、イベントが終わるまでは見ないほうがいいかも?
ある意味、自分の真の姿を忘れていないと、踊れない…
スポンサーサイト



関連記事
[ 2008/03/29 04:36 ] ベリーダンスイベント | TB(0) | CM(6)

衣装選びは楽しい 

サルサの先生に「今度ちょっとしたイベントに出て踊るんですよー」と言ったら、「見に行く!」と言われたので、「絶対に場所を教えない」と言ったら

 「私にそんなこと言っていいの?

  …いじめるよ?」

と言われたので笑った。

それはともかく、今日はイベントのための初めての自主錬。
…やばい。やばいですな、これは。
うろ覚えの曲ばかり…でも、まったく踊れないわけじゃない。
自主錬次第ではどうにかなるかな…?と思いたい(;´Д`)

ていうか、踊る演目が増えた…5曲になってもーた(;´Д`)
まあそのうち1曲は前座なので実質4曲か…あ、1曲増えただけか。
以前に踊ったことがある曲だし、絶対に後列で!という希望は叶ったので、うーん、ちょっと怖いけどがんばってみるかな。

でも、自主錬後の打ち合わせで、それぞれが着る衣装を決める話をした時には、ちょっとわくわくしてしまった(*´∀`)
やっぱり衣装選びは楽しい。選ぶほど持ってはいないけれど。
一応、薄紫のボレロとスリットスカートのセットには、赤のブラと白いハーレムパンツor赤いスリットスカートを合わせて、赤×金のフルコスチュームには黒いスカートを合わせることに決まった。
赤のブラとベルトに赤いスカートもいいんだけれど、黒のスカートだとベルトの赤いフリンジが映えるんだよね~
海のイベントの時にも着た私の好きな色の組み合わせ

アクセサリーはどうするかな~
金のコインチョーカーと、金の輪のブレスレットあたりでいいか。
でも、ブレスレットだけだと手回りがちょっと淋しいんだよね…うーん、なにか探してみよう。
へそピは目立つタイプの物をつけようかな。せっかくだし。
ホントは振り付けを覚えるほうが先なんだけれど、ついついこんなことばっかり考えてしまう

とりあえず、がんばろう!!( ゚∀゚)=3
関連記事
[ 2008/03/29 03:02 ] ベリーダンスイベント | TB(0) | CM(0)

呼吸法 

私の腹はミルフィーユだと言った友人に聞いてみた。

 「コーチ、下腹を凹ますにはどうしたらいいですか?」

 「下腹か~。普通に腹筋すると、へそまわりかみぞおちあたりに筋肉がついちゃうんだよね~」

 「その通りです!みぞおちあたりは凹むんだけど、下腹が凹まないんです!」

 「そういう時には普通の腹筋とは逆の動きだね」

と言って実践してくれたのが、うまく説明できないけれど、床に足をのばして座って、背を軽くまるめながら、息を吸いつつゆっくりと後ろに体を倒す、というもの。
でも、最後まで倒す必要はなし。

これはくる。下腹にマジでくる。
ついでに股関節あたりにもくる。
そのことを言ったら

 「股関節まわりの筋肉と下腹の筋肉はいっしょだから、股関節の筋肉に効く動きは下腹にも効くよ」(うろ覚え)

と。これは知らんかった。いいこと聞いた。
そう、それに、この動きって、前に代行の先生が教えてくれた、床に足を軽く曲げて座って、上体を後ろに軽く倒して、いろいろと手を動かしつつ、左右に体をねじるようにと言われたのと似てると思ってコーチにそれを言ったら

 「ああ、それいいね。それも下腹にすごく効く動きだよ」

とのことだった。

後、繰り返し注意をされたのが呼吸法。
筋肉を縮める時には息を吸い、伸ばす時には吐く。
息を吐きながら筋肉を縮めると、筋肉は緊張していいのかリラックスしていいのかわかんなくなってしまうそうだ。
そして息を止めて筋肉を縮めると、無呼吸(無酸素?)運動になってしまい、筋肉はつくけれど脂肪は燃えないので、そこで筋肉と脂肪のミルフィーユが生まれる、と…

しかしこれって常識なんだろうか。
知らなかったの私だけ?
今までずっと、筋肉を縮める時には吐くもんだと思ってた…
どこかでそう書いてあるのを読んだような気がするし…
でも、とりあえず、コーチを信じる( ゚∀゚)

ついでに、ヒップアップの方法も聞いてみた。

 「コーチ!尻をあげるにはどうしたらいですか?」

 「あー、尻かー。大臀筋だねー。まずは肛門括約筋を鍛えないとね」

 「こっ肛門!?」

 「そう、尻の穴をギュッとしめて、爪先立ちになる。これだけでも結構効くよ。電車の中でも簡単にできるし」

 「コーモン…( ゚Д゚)」

これはちょっと衝撃的だった。
確かに言われた場所に力を入れると尻にも力が入る。
でもこれでホントにヒップアップに通じるのか!?
でも、電車の中でもできるお手軽さは気に入った。
通勤時間が長いから、その間がんばって力を入れてみようかなw

※追記
これって、コーモン自体に力を入れるんじゃなくて、尻の筋肉全体をその部分に集めるように力を入れる、のほうが正しいんじゃないかとちょと思った。
その部分だけよりもずっと力が入るから鍛えられそうだし。
関連記事
[ 2008/03/29 02:12 ] ボディメイク&ケア | TB(0) | CM(0)

嫌なミルフィーユ 

サルサのレッスンの帰り道。
いっしょに帰った友人に

 「腹筋は育ってるのにさー、その上に乗った脂肪がぜんぜん落ちないんだよねー」

なんて話をしていたら

 「あーあ、かわいそうに…」

と、含みのある言い方をされたのでなにかと思ったら、腹筋は育っているのに脂肪が落ちない状況というのは、腹筋の上に脂肪がついてその上にさらに筋肉がついているという、嫌なミルフィーユ状態になっているためなんだそうだ…って、うーん、ちょっとうろ覚えだ。間違えて覚えてるかも。

 「腹筋しても落ちないの?」

 「脂肪の上の筋肉が育つだけだよ」

 「えー、じゃあどうすりゃいいの!?」

 「やっぱり有酸素運動だろうね」

 「マラソンとか?」

 「マラソンでもいいけど、腹筋をやる時に、息をゆっくりと吸って吐きながらやっても、有酸素運動になるよ。体を全部起こさなくてもいいから、とにかく呼吸をゆっくりと吸って吐いて、それでも十分に効くから」

 「マジで!私がんばる!」

 「はい、がんばって」

いいこと聞いた!( ゚∀゚)=3
腹筋はかたいのに脂肪がぷよよんな謎も解けた!
元スポーツの関係のインストだけあって、体作りに関しては詳しそうだ。
これからもいろいろ質問してしまおう。

イベントの日までに少しでも体を絞らなければ…!
関連記事
[ 2008/03/29 01:58 ] ボディメイク&ケア | TB(0) | CM(3)