きんにくきんにく 

先生に「お腹でコントロールして」みたいなことを言われた。
上半身・下半身を動かす時、末端から動かすんじゃなくて、お腹から指令を出すような感じで動かして、みたいなことを。
なるほど!とは思うんだけれど、まだ実践できない
むー、まだ知らないことやできないことがたくさんあるなぁ。
引き続きがんばらなければ。

で、先生の友達の、別のダンスのインストさんと話をした時、「彼女の背筋はすごい」と言って、先生のことをほめていた。
私も先生の腹筋はすごいと思っていたけれど、背筋にまでは気が回らなかった。
確かに腹筋と同様に背筋も大事だよね。

これは私見だけれど、ベリーダンスって一見、優雅で筋肉とは無縁のダンスのように思えるけれど、実際にはある意味、筋肉勝負のダンスだよねぇ。
ヒップドロップには外腹斜筋、アンジュレーションとか胸まわりを動かすのには腹直筋、ヒップシミーは大臀筋か大腿ニ頭筋、スネークアームや腕をあげておくための上腕ニ頭筋・三頭筋…て、要は全身の筋肉が必要なのか…
筋トレがんばらなきゃ('A`)

後は柔軟性か。やっぱりやわらかい動きのためには体のやわらかさが必要だよね。
やわらかい動きを筋肉が支えるみたいな感じかな。
柔軟もがんばろう…って、一体これで書くの何回目だろう('A`)

後、関係ないけれど、左の腰というか骨というか骨盤が痛い時がある。
なので、ヒップサークルの時とか、左側だけ痛くてあまり動かせなかったり。
これってやっぱり骨盤回りがなんか歪んでるのかな…('A`)
友達のお勧めの整体に行こうと思ってるんだけど、なかなか時間がとれなくて
スポンサーサイト



関連記事
[ 2008/02/01 13:06 ] ベリーダンスレッスン | TB(0) | CM(5)