あの頃の思い上がり 

そういえば、初めてベリーダンスの体験レッスンを受けた時

 (あれ?私結構できてない?これなら楽勝?)

とか、ものすごく思い上がったことを考えていた…( ̄∀ ̄;)

もともとサルサを踊っていたから、踊ることに抵抗はなかったし、サルサも腰で踊るから、ベリーダンスもその流れで踊れた気になっていたけど、でも、実際にはぜんぜん踊れていなかったんだよね。
思い返すとあの頃の思い上がりが恥ずかしい…(≧Д≦)

それでも調子に乗って続けているうちに、先生や先輩達の動きと自分の動きを見比べて、なにか違うできていない動いていないとだんだんと気づき始め、有名なベリーダンサーの動画をYouTubeやDVDで見るようになって目が肥えて、自分はまったくのへなちょこであるという真実に気がつき、激しく打ちのめされた次第orz

腰を適当に振るのは簡単。
でも、本当に腰だけを振ったり、それを長時間続けたり、強弱をつけたり回したりするとなると、ホントに難しい。
今でもできないし、そしてこれからもできるようになる気がしないorz

ああ、でも、できてるじゃん?とか勘違いしたことは、恥ずかしいことは恥ずかしいけれど、でも、最初から難しいんだということに気づいてしまっていたら、始めなかったかもしれなかったから、勘違いもたまには必要なのかもしれないなぁ。

とりあえず、ベリーダンスを始めてよかったけれど、多分、万年初心者のままで終わりそうな予感(笑)
スポンサーサイト



関連記事
[ 2007/10/15 12:45 ] メモ | TB(0) | CM(2)